エノ・シュミット他『お金のために働く必要がなくなったら、何をしますか?』

エノ・シュミット・山森亮・堅田香緒里・山口純『お金のために働く必要がなくなったら、何をしますか?』光文社新書、2018年

堅田香緒里さんに献本していただきました。ありがとうございました。

目次

第1部 無条件のベーシックインカム 27

第1章 私たちは存在しているだけで意味がある−−スイスからのメッセージ エノ・シュミット 29

コラム1 スマートフォンか、直接民主主義か? ニコ・ハーマン×エノ・シュミット 54

コラム2 財源・教育・福祉、そして民主主義−−京都での対話 Kyoto Basic Income Weekend参加者×エノ・シュミット 60

第2章 ベーシックインカムの理念と制度 山森亮 69

第2部 未来社会とベーシックインカム 109

第3章 時間泥棒から盗まれた時間を取り戻すことができたら 山森亮 111

第4章 人が時間を取り戻すことは可能か?−−社会彫刻・文化収入・精神生活 エノ・シュミット(インタビュアー:山森亮) 141

第5章 フェミニズムとベーシックインカム−−「ゆる・ふぇみカフェ」の実践から 堅田香緒里 163

第6章 コモンズとベーシックインカム−−「本町エコーラ」の実践から 山口純 199

おわりに 247

参考文献 258

執筆者プロフィール 260

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。